カジノと投資は非常に似た関係にある

| コメント(0) | トラックバック(0)

カジノも投資も、未来に賭けるという意味においては、同義語です。未来は、誰も一寸先がまったく見えません。その未来に対し、大金を賭けるということは、一見無謀なことに思えますが、実はごく普通の経済活動です。

例えば、イベント開催時に、客の大入りを当て込んで、大量の弁当を仕入れて販売するも、突然の大雨で、ほとんど客が来ず、仕入れた弁当のほとんどが売れ残ってしまったという
のも、言ってみればカジノと同じく、未来に勝負を賭けたはいいが、結果的に失敗したカジノと言えるでしょう。

ただこの場合は、結果的に失敗しただけであって、もしも次のイベントのとき、晴天に恵まれれば、その収益はかなり見込まれ、勝負に成功することになります。

このように通常の経済活動のときでさえ、未来に賭けるという点では、カジノと同じく、リスクを負いながらの勝負を行なっています。

ただし、カジノと投資の根本的に違うところもあります。

それはカジノの場合、あらかじめ胴元であるカジノ運営者側で、必ず収益が上がるように計算しつくした上で、賭け金倍率を設定しているからです。

投資の世界では、先行きはまったく見えません。よりギャンブル性を高めるのであれば、投資の世界がもっともスリリングな世界だと思います。

ルーレットの必勝法などカジノの情報はカジノの穴

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soutienbrunoguigue.info/mt/mt-tb.cgi/489

コメントする

このブログ記事について

このページは、Vol.4が2015年5月 1日 10:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FXなどでの通貨選びについて」です。

次のブログ記事は「春の足音を感じて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。