FX取引をしたときにかかる税金

| コメント(0) | トラックバック(0)

資産運用のひとつとしてFXの人気が高まっています。
インターネットで手軽に口座を開設することができます。
運用によって利益がでた場合は一般的な株取引や
投資信託とは異なり確定申告が必要になります。
株取引や投資信託では源泉徴収がされていますが、FXでは
源泉徴収される仕組みがないため利益が出たのに確定申告
をしないでいると最悪の場合脱税として罰せられること
があります。日本国内のFX業者は年間の損益表を税務署に
提出しているので、税務署が調べると申告をしているか
いないかはすぐにわかります。FXの運用益には
20.315%の課税があります。そのため、100万円の利益が
出たと仮定すると20万3千円ほどの税金がかかります。
そのため年末には一年間の利益に対する税金を計算して
納税する分のお金を取っておく必要があります。納税する
分のお金を取っておかないで、年明けすぐに大きな損失を
出すと、税金を支払うことができないという事態に
なりますので注意が必要です。FXで損失が出たときは
3年間繰り越すことができます。次の年から3年間FXや
先物取引での利益から損失分の控除を受けることが
できます。この控除を受けるためには損失が出た年の
確定申告をしておかなければなりません。FXを始めるとき
は利益や損失が出た時にはどのような手続きが必要か
よく確認しておく必要があります。特にFXで年間に20
万円以上の利益が出ると確定申告が必要になるので
注意が必要です。確定申告はetaxを利用すれば
インターネットで行うことができます。

クロスリテイリング株式会社のアフィリエイトセンター

クロスリテイリング株式会社のFacebook

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://soutienbrunoguigue.info/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする

このブログ記事について

このページは、Vol.4が2015年2月 4日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「安産と健康を願う戌の日のご祈祷方法」です。

次のブログ記事は「FXなどでの通貨選びについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。